fbpx

テイクアウト

テイクアウトをはじめるには

新型コロナウイルスの影響により、外出を自粛する動き強まったため、飲食業界で注目されているテイクアウト。この時期にテイクアウトはじめた飲食店が増えている中、どのような施策でテイクアウトを周知し集客をしていくかなど、今後は来店営業と合わせてテイクアウトを強化していく必要があります。テイクアウトの準備や手続き注意事項に加え、販売促進についての情報をまとめました。

テイクアウトの準備や手続きの注意事項

店内のキッチンで調理した料理をテイクアウトとして販売する場合は、飲食店営業許可の範囲内となるため基本的には新たな手続きは必要ありません。しかし屋台や移動車を使って別の場所で販売したり、加工食品をテイクアウト販売する場合は飲食店営業許可とは別に別途手続きや許可申請が必要になる場合もあるので、条件については、各自治体によって変わるため最寄りの保健所に事前に確認をとりましょう。

消費期限や原材料名の表示について

店内のキッチンで調理した料理をテイクアウトとして販売する際には、消費期限や内容量、原材料名などを表示する必要はありません。万が一、製造・加工した食材を仕入れて販売する場合や、お店とは別のセントラルキッチンなどで調理された料理を販売する場合などは、表示が義務付けられているので、事前に保健所に確認が必要です。

テイクアウトをはじめる準備をしよう

お店から提供する料理の内容に合わせた使い捨て容器の準備が必要です。テイクアウトの需要が高まり、人気の商品は売り切れになっている可能性もあります。容器はゴミの分別がしやすく、水分が漏れないもので、持ち運び時間があっても料理が崩れないものを選びましょう。紙ナプキンやおしぼり、割り箸やスプーン、調味料等を入れる小さなカップや持ち帰り用の袋の準備も必要になります。継続してテイクアウトを続ける場合は、お店のロゴや情報などが印刷されているものを別途準備するのも良いでしょう。

食中毒やノロウィルスへの対策をしよう

細菌性食中毒の発生率が高まる梅雨から夏にむけての時期は、特に衛生管理に気を付けてましょう。食材や調理器具、店内の清掃や合うコール消毒を徹底し、提供する料理もなるべく火が通ったものを提供することや、購入いただいたお客様へ賞味期限や保存方法等の注意をしましょう。
食品を扱う全事業者に対してHACCP(ハサップ ※)による衛生管理の義務化が決まりました。手洗いの方法から食材ごとの取り扱い、調理器具の使い分け、排水や廃棄物の処理、健康管理など、手引書に細かく記載されているので必ず事前に確認をしてください。

SNSを活用して宣伝する

普段は持ち帰りできない商品や数量限定の商品などをSNSで発信して、購買意欲を高めましょう。お値打ち感があったり、人に紹介したくなるようなオリジナル商品を宣伝することでロスが出ないように情報発信をすることも重要です。また、常連のお客様を通じて、情報を拡散してもらうことでテイクアウトをはじめたことを広げていくことも効果的です。

メニューチラシを作成する

テイクアウト用のメニューチラシを作成して、近隣の他のレストランやバーと連携し、お互いのお店を紹介し合うなどして情報を共有しましょう。割引券をつけたり、写真でわかりやすく料理を紹介したり、ご自宅でのアレンジや一緒に飲んで欲しいお酒の情報を掲載するなどの紹介など工夫することもおすすめです。

テイクアウトアプリを活用しよう

テイクアウト専用のアプリを導入することで、アプリ上で支払を済ませ、来店したら商品を渡すだけで完了するため便利です。来店したお客様へのご案内やチラシの配布、SNSでの情報発信と合わせて、幅広い集客のために、テイクアウトアプリを活用してみましょう。

LINEポケオ
多くの人が使っている「LINE」のテイクアウトアプ.。LINEアプリ上で店舗の検索や注文を行うことが可能で、店内が混雑した際には受付を一時的に止めることもできるなど、店舗側に配慮した機能もついている。
https://pockeo.line.me/

menu
地図アプリと連動した機能で、近くのテイクアウト店を検索することができる。デリバリーか、テイクアウトかの選択が可能で、「お届け時間(デリバリー)」、「出来上がり時間(テイクアウト)」が表示されるため注文前に時間を確認できるのが便利である。スマホで注文受付から決済まで完了する。
https://service.menu.inc/partners/index.html

「食べログ」テイクアウト
日本最大級のグルメサイト「食べログ」が作ったテイクアウトアプリ。食べログでの「評価」や「お店の詳細情報」も見ることができ、支払いはキャッシュレス決済が可能。
https://tabelog-takeout.com/

楽天テイクアウト
有名チェーン店が多く登録している認知度が高く、注文によって楽天スーパーポイントが貯まるなどのメリットがある。
https://delivery.rakuten.co.jp/takeout/

iToGo
Webアプリからもアクセスが可能で、アプリから注文ができ、事前決済や店頭決済にも対応している。登録者にクーポンを配信できるなど、リピーター確保のための機能も便利。
https://itogo.jp/

PICKS
25~45歳の男女がメインユーザーとなっているテイクアウトアプリ。ポイント制度や現在地情報を活用した店舗検索など、集客効果が期待できるサービスも導入されている。
https://picks.fun/PicksforPartners/

EPARKテイクアウト
エリア、駅名、予算などから店舗を検索でき、パソコンやスマホから簡単にネット予約が可能。
https://itogo.jp/

『ホットペッパーグルメ』特設ページ「テイクアウト特集」
ホットペッパーグルメが、全国での新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、テイクアウト可能なお店の特集を開始。テイクアウト情報は、お店の「メニュー」から確認ができる。
https://www.hotpepper.jp/takeout/