fbpx
WORLD CLASS Community Week JAPAN「タンカレー ナンバーテン ショートカクテル」

WORLD CLASS Community Week JAPAN「タンカレー ナンバーテン ショートカクテル」

WORLD CLASS Community Week
世界で活躍するトップバーテンダーやブランドアンバサダーが情報発信をしたり、バーテンダーの皆様が参加して新しいカクテルを開発したり、相互に交流しながら新しい繋がりをつくるデジタルコミュニティです。コロナ時代にマッチした様々なコミュニケーションをご提案しています。

WORLD CLASS Community Week JAPAN
WORLD CLASS Community Week の活動の一環として、バーテンダーの皆様が自粛期間中などにご自身で開発した副材料とカクテルを募集しました。第二弾のテーマは、「ドン・フリオ カクテル」と「タンカレー ナンバーテン ショートカクテル」です。選考をクリアすれば、WORLD CLASS Community Week JAPAN 出演者として、動画とレシピが紹介されます。今回は「タンカレー ナンバーテン ショートカクテル」の出演者に選考された二人をご紹介します。ポイントは、タンカレーナンバーテンの特徴でもある、フレッシュなライム、グレープフルーツ、オレンジを使ったボタニカル ”シトラスハート” を生かした自家製材料を使用したショートカクテルです。


緒方 唯さん(宮崎県 Wine & Bar 麦家)
「ハートオブナンバーテン」
自家製白ワイン&オレンジシロップ、スパイスインフューズクリアパイナップルジュース、グレープフルーツティンクチャーを使用したカクテルです。


有吉 徹さん(京都府 BEE’S KNEES)
「Tiny BEE」
自家製シトラスハートジュース、ハーブ&シトラスシロップ、フルーツビネガー、シトラススタッフドオリーブと様々な自家製材料を使用したカクテルです。

第二弾「タンカレー ナンバーテン ショートカクテル」コメント紹介

吉田宏樹さん(ホテルニューオータニ東京 Bar Capri, Diageo World Class 2019日本代表)
どれもシトラスハートを活かすカクテルが多く、美味しそうなカクテルがたくさんありました。自家製材料については、様々な技法を用いて作成されてる方が多かったですが、作成方法を難しくしすぎている方もいらっしゃいました。加熱すべきなのか、低温で作るべきなのか、それらを踏まえて様々な機械を駆使し、自家製材料を作ると、より良い物が作れるのではないでしょうか。

新井加菜さん (Bar AVANTI, Diageo World Class 2018 日本代表)
ロングカクテルの時と同じく、タンカレー ナンバーテンが持つシトラスハートをグレープフルーツを使用して表現するカクテルが目立ちました。自家製材料に関しましては、真空低温調理の方がとても多い印象でした。