fbpx
WORLD CLASS Community Week JAPAN 第一弾 テーマ「ケテル ワン カクテル」
BAR TIMES NAVI ではコロナ時代にマッチした新しい仕組み、新しいサービスに積極的に取り組むバー業界の人、企業の情報発信をサポートします。今回は、DIAGEO ワールドクラスが取り組む World Class Community Week をご紹介します。

WORLD CLASS Community Week JAPAN 「ケテル ワン カクテル」

WORLD CLASS Community Week
世界で活躍するトップバーテンダーやブランドアンバサダーが情報発信をしたり、バーテンダーの皆様が参加して新しいカクテルを開発したり、相互に交流しながら新しい繋がりをつくるデジタルコミュニティです。コロナ時代にマッチした様々なコミュニケーションをご提案しています。

WORLD CLASS Community Week JAPAN
WORLD CLASS Community Week の活動の一環として、バーテンダーの皆様が自粛期間中などにご自身で開発した副材料とカクテルを募集しました。第一弾 2つ目のテーマは、「ケテル ワン カクテル」。WORLD CLASS Community Week JAPAN 出演者に選考された二人をご紹介します。ケテルワンの味覚の特徴でもある ” The 4F’s “ = Fragrance(香り)、Flavor(味わい)、Feel(口あたり)、Finish(余韻)は、副材料をぐっと引き立たせます。その”The 4F’s” を生かした自家製材料を使用することがポイントです。


奥西 敏宏さん(京都府 minibar)
「Ketel One Velvet Mary」
トマトピューレに出汁、味噌、スパイスなどを加えてエスプーマで高速インフュージョンしたカクテルです。


中村 敦さん(東京都 RAGE COFFEE BAR)
「Ketel One Browny Swallow」
叉焼とカカオの意外な組み合わせ。まるごとトマトを炊飯器で低温調理したカクテルです。

第一弾「ケテル ワン カクテル」コメント紹介

吉田宏樹さん(ホテルニューオータニ東京 Bar Capri, Diageo World Class 2019日本代表)
ケテル ワンの味覚の特徴でもある ” The 4F’s “ = Fragrance(香り)、Flavor(味わい)、Feel(口あたり)、Finish(余韻)を意識した作品が多い中、サスティナビリティを取り入れた作品が多かったです。コーヒーやトマトを使うカクテルや茶を使うカクテルが多かったのも印象的でした。4 F’sの中のFeel(口当たり)をより良くするための自家製材料も考案し、カクテルを作成してみてもいいと思います。
新井加菜さん (Bar AVANTI, Diageo World Class 2018 日本代表)
ケテル ワンの特徴を活かした、シルキーな味わいで余韻が長い作品が多い印象でした。自家製材料のアイディアがバラエティ豊かでとても面白かったです。オリジナリティがある作品が目立ちました。

関連記事

  1. WORLD CLASS Community Week JAPAN「ドン・フリオ カクテル」

  2. BAR TIMES ボトルカクテル

  3. 1日だけの特別なブレンド体験 「長濱ブレンドチャレンジ with 静谷和典 氏」を 9月19日(土)に開催いたします。