fbpx
WORLD CLASS Community Week JAPAN 第一弾 テーマ「タンカレー ナンバーテンのロングカクテル」
BAR TIMES NAVI ではコロナ時代にマッチした新しい仕組み、新しいサービスに積極的に取り組むバー業界の人、企業の情報発信をサポートします。今回は、DIAGEO ワールドクラスが取り組む World Class Community Week をご紹介します。

WORLD CLASS Community Week JAPAN「タンカレー ナンバーテンのロングカクテル」

WORLD CLASS Community Week
世界で活躍するトップバーテンダーやブランドアンバサダーが情報発信をしたり、バーテンダーの皆様が参加して新しいカクテルを開発したり、相互に交流しながら新しい繋がりをつくるデジタルコミュニティです。コロナ時代にマッチした様々なコミュニケーションをご提案しています。

WORLD CLASS Community Week JAPAN
WORLD CLASS Community Week の活動の一環として、バーテンダーの皆様が自粛期間中などにご自身で開発した副材料とカクテルを募集しました。第一弾のテーマは、「タンカレー ナンバーテンのロングカクテル」と「ケテル ワン カクテル」です。選考をクリアすれば、WORLD CLASS Community Week JAPAN 出演者として、動画とレシピが紹介されます。まずは「タンカレー ナンバーテンのロングカクテル」の出演者に選考された二人をご紹介します。ポイントは、タンカレーナンバーテンの特徴でもある、フレッシュなライム、グレープフルーツ、オレンジを使ったボタニカル ”シトラスハート” を生かした自家製材料を使用したロングカクテルです。


長尾 和明さん(東京都 Bar LIBRE)
「Rerise No. TEN」
自家製フルーツピクルス液と牛乳を入れたパッションフルーツコーディアルを使用したカクテル


大竹 直哉さん(東京都 NonTitle)
「Tanqueray No. TEN Iconic Highball」
シンプルな材料で時間をかけて仕上げたシトラスハートコーデュアルとヴェルジュを使用したカクテル

第一弾「タンカレー ナンバーテン ロングカクテル」コメント紹介

吉田宏樹さん(ホテルニューオータニ東京 Bar Capri, Diageo World Class 2019日本代表)
日本の柑橘類自家製材、シュラブやティンクチャーを合わせる作品が多く、どれも印象的でした。レモンがタンカレー ナンバーテンに合わないわけではないですが、グレープフルーツ、オレンジ、ライムを合わせた方が圧倒的にタンカレー ナンバーテンのフレーバーを引き立てるので、それを意識したシトラスを合わせるのがいいと思います。ハーブを使う場合は、使用量を注意しないと、シトラスハートが感じられなくなることもあるので、注意が必要です。
新井加菜さん (Bar AVANTI, Diageo World Class 2018 日本代表)
タンカレー ナンバーテンの特徴を活かした、フレッシュで爽やかな作品が多い印象でした。そして、自家製材料を作るにおいて、本を読んで勉強されている方や、身近にある道具で工夫して作られる方など、美味しそうなカクテルが目立ちました。

関連記事

  1. ”常識破壊”!鹿児島の焼酎蔵5社共同プロジェクト

  2. 開発者、山﨑勇貴氏に聞く、ジャパニーズビターズ特別セミナー

  3. WORLD CLASS Community Week JAPAN「ドン・フリオ カクテル」