fbpx
ザ・ロイヤルスコッツマン(東京・神楽坂)小貫友寛さんのインタビュー

コロナ後も「テイクアウト」を続けられるサービスに

次の一手は通販とデリバリー


―ハギスのテイクアウトもされていますが、通販での販売は考えていますか?
通販は本格的に取り組むつもりで、自社でサイトを構えて決済まですべてオンラインで完結できるよう進めています。ハギスの通販は、どの状態なら販売できるかがわからなかったので保健所に通いました。冷凍前、冷凍後、解凍後のハギスを持参して聞いたのですが、食肉販売業の営業許可書があっても、ハギスは内臓なので調理したものはNGなんだそうです。そこでお肉屋さんに相談して、ダイスにカットしたものを家庭で調理できる分量で真空パックにしてもらうことにしました。要するに、これに関しては僕が調理したものをお届けするのではなく、レシピや作り方の動画と一緒に材料をお届けして、お客さまに作る楽しみを提供するほうにシフトしたということです。

―デリバリーも始められるとか。今後の取り組みもお聞きしたいです。
自社でデリバリーを行うのは無理があるので、外部の力を借ります。テイクアウトのアプリを作っている会社が、デリバリー部門も始めたのでそちらと組んで。テイクアウトがいずれ落ち込むであろうことを見据えて、以前からデリバリーの準備を少しずつ始めていました。今後は実店舗の営業と通販、オンラインでの発信を柱にしていくつもりです。小さな会社、お店ですが、SDGsに取り組みながら事業をしていきたいですね。大きなことはできなくても、自分で考えてできることを続けていく。オンラインを通じてさまざまなエリアに向けた食育もしたいと考えています。


カウンターに並ぶのは、テイクアウト用のビールとウイスキーのボトル。製法や味わいなどを書いた紙が付いており、わかりやすい。

The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)
東京都新宿区神楽坂3-6-28 土屋ビル1F
03-6280-8852
http://www.royalscotsman.jp/

1 2

3

関連記事

  1. つくる楽しさも届ける「カクテルキット」

  2. 秋田30蔵元統一ラベル特別限定酒『秋田旬吟醸2020』数量限定発売

  3. BAR TIMES STOREが、オンライン(Zoom)接客を開始。