fbpx

新しい生活様式における飲食店支援!デリバリー・テイクアウトシステム「NEW PORT」のSaaS提供スタートを発表

月額定額制で無理なく手軽にデリバリー、テイクアウトサービスを開始できるようレストランをはじめとした小売店をサポート

デリバリー・テイクアウトプラットフォーム「NEW PORT」の運営会社であるスカイファーム株式会社は、これまで横浜ハーバーエリア限定で提供してきたデリバリー・テイクアウトサービスにおける発注システム、受注管理システム、配送管理システムを3点セットで全国向けにクラウドサービスとして提供開始することを発表いたしました。新しい生活様式に対応すべくテイクアウト、デリバリーの対応を検討する全てのレストラン、小売店を積極サポートして参ります。

2020年4月以降、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止策の影響により、デリバリー・テイクアウトの社会的ニーズは急伸。当社システム「NEW PORT」の導入意向を全国の飲食店様、商店街様、施設様よりうけて、横浜ハーバーエリア以外でのシステム提供を決定いたしました。SaaSシステムとして機能を追加開発し、2020年10月よりβ版のサービス提供を開始します。2021年からは本サービスとして全国向けクラウドサービス提供を予定しています。

コロナ禍の影響により多くのレストランがデリバリーサービスを導入しましたが、売上の30〜40%におよぶ高額な利用料金は大きな課題の一つとなっていました。今回、システムのSaaS提供により利用料金を安価に抑えながら、デリバリー、テイクアウトの注文管理が一元的に行えるようになり、既存大手デリバリーサービス導入店舗もよりコストを抑えながら新しい生活様式に対応していけるようになります。

【NEW PORTシステムの特徴】
– テイクアウト・デリバリーの注文情報を一元管理できる
– 月額固定費が無料で永年導入できるフリープランをご用意
– システム利用料(従量課金)が大手デリバリーサービスと比較して手頃であること
– 自店スタッフが配送するための配送管理システムもセット提供
– 独立した個人店舗も無理なく導入が可能
– 施設や商店街単位でもシステム導入しやすい複数店舗同時決済にも対応

※NEW PORTシステムイメージ

【利用量に応じて選べる月額料金プラン】

※金額は1店舗あたりの料金となります。
※フリープランは一部機能制限がございます。

【今後の予定】
2020年10月1日:β版システム提供をスタート
2021年3月15日:本システム提供をスタート(予定)
※β版のシステム提供は応募多数の場合、抽選となる場合がございます。
※本システム提供はβ版の進行具合により変更となる場合がございます。

また、本システムを導入することにより、こども食堂のデリバリー対応、フードロス削減、旅館・ホテルのキッチン機能分散化などにも寄与することが可能となり、地方創生や施設不動産価値の向上にもつなげられると考えています。

【導入可能な業態例】
– レストラン- 商業施設- 商店街及び地方自治体- スタジアム- 物流企業- タクシー会社- NPO団体- ホテル・旅館その他 小売店

今後もスカイファームはこれまで培ったデリバリー・テイクアウトのノウハウを総動員し、新しい生活様式に対応するすべてのユーザーを支援して参ります。

<NEW PORTシステムのお問合せ・お申込みはこちら>
https://forms.gle/o9iQuPsVrCwJZxNi7

NEW PORTとは? https://www.new-port.jp/
デリバリー・テイクアウトサービスをシステム管理できるクラウドサービス。お手頃なサブスクリプションモデルにより、簡単にテイクアウト、デリバリーを開始できるようになります。これまでの自社配送にて蓄積したデータをもとに適切なメニュー価格帯や配送料金、配送備品のアドバイスもセットで提供。新しい生活様式における飲食サービスの進化を支援します。

関連記事

  1. 『新型コロナウイルス接触確認アプリ』の画面提示で食品・ドリンクを全品5%OFF

  2. 「昼営業」だからこそのサービスを

  3. オンライン・ブランド・セミナー