fbpx

ボトルカクテル

ボトルカクテルとは

海外では新たなカクテルの楽しみ方としてトレンドとなっている「ボトルカクテル」。ボトルドカクテルとは、カクテルをボトルに詰め込んだドリンクで、海外では様々な店舗のバーテンダーが自分のバーで提供するために作るのがブームになっていました。
課税商品(一般小売商品)を原材料として混和、商品化するとこが国税局の判断により許可され日本でもボトルカクテルの製造が可能になり、ご自宅やお好きな場所でどこでもカクテルが飲めるという利点から、現在日本でも注目を浴びています。
ボトルドカクテルが広がることで、レストランやラウンジ、カフェバーなどバーテンダーがいない飲食店でも高品質なカクテルの提供も可能になります。
また、直接お店へ行かなければ飲めなかった本格的なカクテルを、グラスに注ぐだけで手軽に味わうことができるため、普段バーに行かない方、カクテルを飲まない方にもカクテルを飲むきっかけとなり、今後需要が高まっていくことでしょう。

ボトルカクテルの作り方

(1)バーテンダーがオリジナルレシピをリキュール製造と共に考案する
  • カクテルの材料になりうる課税商品は卸売りで酒造会社が購入出来ない可能性があるので、予め調べてからカクテルを考えましょう。
  • 酒造会社の商品を必ず使う事が条件に入る場合もあるので注意しましょう。
  • 市場で手に入らない商品、品質が不安定な素材は控えた方がよいでしょう
  • 大量に作る場合と1杯ずつ作る場合や店舗でつくったものと製造元でつくったもので味が違うので、品質変化を検証して味のバランスを考調整しましょう。
  • 酒造会社からの監修費で利益を出せるよう、信頼できるお取引先を見つけることが大切です。
  • カクテル名やボトルの・容量、ラベルのデザインなどを考えましょう。
  • ブランディングやプロモーションのため商品のコンセプトをじっかり決めましょう。
(2)酒造会社(リキュール製造免許会社)が材料を仕入れる。
  • 製品の販売で利益を出せるよう仕入れる材料の原価・売値・監修費を設定しましょう。
  • 所轄税務署へ製造の届を提出します。

<注意点>リキュール製造免許で「使用する原材料は自社製品のみ」という制限がついてる場合があります。解除申請を行う場合は、所轄税務署に申請する必要があります。必ず税務署に確認の上進める事をお勧めします。

(3)混和・ボトリングする
  • 販売方法、最小ロット数、販売ターゲット層を想定し、事前に販売してくれる可能性がある酒屋を探しておきましょう。
(4)酒販店が仕入れて、市場に流通させる
  • 一般小売で利益を出るような価格設定にしましょう。
  • 設定した販売ターゲットに最適なSNSを活用して宣伝しましょう。


展開例
南雲主于三氏監修ボトルカクテル
「British Negorni 1st Edition 500ml」 4800yen(+tax)
6月5日から限定500本販売開始
https://c.japanese-cocktail-creation.com/